back
concept

Nowhere / everywhere

2012 インスタレーション
[Temporary Reflex]での展示 シラパコーン大学内ギャラリー/タイ・バンコク
サイズ可変 粘土、DVD、DVDプレーヤー、プロジェクター、タイで買ったもの
この作品は、ビデオとインスタレーションが壁により分かれた構造になっている。
ビデオは日本の自分のスタジオを白く塗り、撮影したもの。
インスタレーションは、タイで買ったものとタイで制作した粘土立体を滞在中毎日展示変えし、写真を撮り、その写真も展示に加えていった。

白い空間で撮影されたビデオには、そこが何処かという情報は無く、使われているマテリアルは日常的なありふれたものを使用した。また、使用した粘土造形はすべて日本で制作したものである。
タイで購入した物も同様の基準で集め、一見あまり違いの無いものが使用されている状況を作った。

しかし、この二つには微妙な違いが現れる。

お互いの国で、見たことはあるし使い方も解るが、知っている物とは微妙に違う、ということが起きるだろう。
この微妙な細部に、言いえないニュアンスに、お互いの国のアイデンティティーの違いがあるのではないか。

また、それは僕自身が作った粘土造形にも言えるのかもしれない。
日本に居た自分と、タイにいた自分。大きな距離を移動し、異質な経験をすることにって何らかの微妙に違いが生まれているのかもしれない。
2012 Instaration
Installation view of [Temporary Reflex] in the Faculty of Decorative Arts, Silapakorn University, Thailand
cray, DVD, projector,things I bought in Thailand
size vriable
The Themes in the artwork is sitespecific. I made the video in Japan, and I bought the installation materials in Thailand.

The video is made in my studio in Japan. I painted the wall and the floor white and shot the video in the white space. The vidoe dosen't contain information where it was made.

All materials, including the video are not special.
Everyday I change the potition of the materials in the space, take a photo and install it in the space. As the video is playing in a loop, which is playing repeatly, there is a similar concept to the changing of the objects in the installation.

Hence are differences between these 2 spaces.

Although there might be similarities in materials in materials, but under closer observation these are actually quite different.

I think like that the slight differenses in the materials stands for the fine differences in identity of people from different culture.


pagetop
back