back
concept

Hitting a ball against the wall

2012 インスタレーション
[Art Court Frontier 2012 #10]での展示風景 Art Court Gallery/大阪
サイズ可変 粘土、パイプ椅子、写真、パイプ、自転車のライト、テニスボール、ミラーシート、DVDプレーヤー、その他
二つの展示空間を結ぶ、中庭にガラス張りで面した通路に展示した。
2つの空間をつなぐ通路は、それらを隔てるものとも言える。
通路からガラスを貫き中庭に伸びるパイプを設置し、通路側からライトを点滅させ、パイプに光を通した。
また、通路の壁側には壁紙を展示し、壁紙の隙間からミラーシートが覗くようにした。

二つの空間の通路という中間領域が、中庭側・壁側ともに拡張されていく。
壁打ちの映像は、そこにある壁との対話である。

自分の今居る場所の枠を考えることは、イマジネーションを拡げることに繋がっている。

Hitting a ball against the wall

2012 Instaration
Installation view of [Art Court Frontier 2012 #10] in Art Court Gallery, osaka
cray, chair, photo, pipe, bicycle light, tennis ball, mirror sheet, DVD player, and other
size vriable
I installed the passage connecting the two exhibiton spaces.
It has a wall of courtyard side, that made by glass.

I installed the pipe though the glass from the passage to the courtyard, and put the bicycle light in passage side and blinked it. People can see the light in the pipe from courtyard side.
Also I installed some piece of wall papers and some mirror sheets in other side of passage. The mirror sheets coverd the wall papers, but we could see the morror sheets from the rift of the wall papers.

It exprses that the passage space is extended to both side.
The video what I was hitting a ball against the wall is a conversation.

Thinking about the framing of space we are exist.
pagetop
back