back
concept

for example


モデルハウスに架空の人物を登場させた。
その人物は、イメージそのものの属性を擬人化したものだ。
モデルハウスは、多くの訪れた人に自分がそこへ住む事を想像させる装置であり、たくさんの家を作るためのサンプルである事を考えると、モデルハウス自体がイメージであるとも言える。

そこにはイメージの入れ子構造が生まれる。
イメージの家に住む、イメージの属性を持った人物。
観察者は被観察者への干渉を免れない、そんな状況。

浮遊したイメージは生々しく、しかし仮設的な感触を導き出した。


かさはらLaLaホーム(愛知県春日井市のモデルハウス)での、西山弘洋との二人展
※上記の写真は真坂の作品をメインに掲載。
pagetop
back